動画配信サービスの種類を解説!おすすめの登録方法 | 動画配信サービス比較ナビ

動画配信サービスの種類を解説!おすすめの登録方法

料金体系は大きく分けると3種類!

スマホ、テレビ、PCで視聴することができる動画配信サービスの種類はたくさんあるので、現在人気が高い主要サービスを中心に紹介していきたいと思います。
各サービスごとに特徴はありますが、最も重要なポイントである料金体系に関してまとめます。

  • 完全定額制
  • PPV(ペイ・パー・ビュー)
  • 定額+PPV

完全定額制のサービスの特徴

月額料金が決まっていて、定額料金のみ支払えば何本でも観ることができます。

完全定額制のサービス:hulu、NETFLIX、Amazonプライムビデオ

PPV(ペイ・パー・ビュー)の特徴

都度課金。見たい作品をレンタルする感覚に近いです。

PPV(ペイ・パー・ビュー)のサービス:Google Play ムービー&TV

定額+PPVの特徴

月額の基本料とPPVが共存しています。
最新作がPPVになっていることが多いです。

定額+PPVのサービス:dTV、ユーネクスト

おすすめの比較方法

定額制の動画配信サービスへの加入は一種類でいい!

今や、どのサービスも取り扱っているコンテンツ自体にはそれほどに差がありません。なので、本命の定額動画配信サービスに加入+足りない分はiTunes Store、Google Play ムービー&TVなどのショット買いがおすすめです。私はHuluをメインで利用していますが、HuluにないコンテンツはiTunes StoreやGoogle Play ムービー&TVで買ってます。複数の動画サービスへの加入は逆にコスパが悪いと思います。

視聴デバイスを意識した選択を。

実際にどういう場面で視聴するのかをイメージしながら検討するのがいいと思います。個人的なおすすめはHuluですが、オフラインで観れないという弱点もあるので、オフライン環境での視聴を考えるならdTV(dビデオ)がいいと思います。逆に家でしか見ない、かつPS3やHuluに対応しているテレビがあるのならHuluはSTBを購入する必要もなくすぐに利用できます。

判断方法。どこで見比べればいいの?

取り扱いのある配給会社や最新作のリリースタイミング、対応デバイスなど、各個人にあった細かいニーズを汲み取れるサービスを、実際に無料体験するのがベストです。今はどのサービスも無料お試し期間・トライアル期間を設けています。なので、時間のある週末などに全サービスを同時にお試し登録することができれば比較がし易いです。

動画配信おすすめ比較TOPへ

関連記事