TVに差し込むだけで広がる世界! FireTVスティック | 動画配信サービスを徹底比較!

TVに差し込むだけで広がる世界! FireTVスティック

FireTVスティックは、TVのHDMI端子に差し込むことで、ネット上にある映画やスポーツ中継、音楽ライヴ映像などさまざまなコンテンツを楽しむことができるデバイスです。アマゾンのプライム会員であれば、会員専用の動画を視聴することもできます。スティック型のシンプルでかさばらないデザインや、セットアップ済みで届く手軽感が魅力のメディア・ストリーミング・デバイスです。バラエティ豊かな付属品もすべてアマゾンから購入可能です。

名前の通りのスティック型がコンパクトな印象

スティックというネーミングから分かるように、FireTVスティックは細長いUSBメモリのようなデザインです。差し込んだ時のイメージが湧きやすく、場所をとらず主張しないコンパクトなデザインが、スマートな利用を可能にしています。現代は、電子機器が多く、タブレットや携帯、パソコンの充電をするとあっという間にタコ足配線になってしまう、という家庭も多くあると思います。ですが、FireTVスティックは非常に小型なので、わずらわしい思いをすることはありません。

コストパフォーマンスがよくパワフルなのが魅力

FireTVスティックは、アマゾンから購入することができます。専用のVideoCore4GPUを搭載したパワフルな稼働を売りにしており、8GBストレージという容量は、ライバルであるクロームキャストの4倍にもなります。そのタフさでありながら、価格はクロームキャストと同じ4,980円と、コストパフォーマンスはかなりいいといえるでしょう。スティックにはリモコンが付属していて、各種操作は簡単におこなうことができます。

音声認識を搭載したモデルの発売もあります

スティックに操作用のリモコンが付属していると書きましたが、音声認識リモコンをオプションとしてつけることも可能です。この場合、価格は少し上がって6,480円になります。友達に尋ねるように、スマホに向かって映画のタイトルや俳優さんの名前、気になるジャンルを話しかけるだけで、検索をしてくれます。文字入力が苦手な人や、SF的な未来の雰囲気を堪能したい人にオススメのリモコンです。話しかけて検索するやり方は、実際にやってみるとハマってしまいそうですね。

アカウント登録で簡単セットアップをお約束

FireTVスティックは、購入時にアカウントの登録をすませることになっています。そのため、インターネットのように面倒なセットアップを自宅でおこなう必要はありません。届いたら、スティックをTVのHDMI端子に差し込み、コンセントにつないでからインターネットに接続するだけでOKです。Wi-Fiの接続状態が弱い時には、スティックに同梱されているアダプタと手持ちのケーブルを使って物理的につないで使うこともできます。

STBは、従来加入のサービスと組み合わせるのが吉

こうしたデバイスはSTB(セットトップボックス)と呼ばれています。FireTVスティックは、アマゾンプライム向けの動画だけでなく、GYAOやHuLlu、Netflixなどにも対応しています。反対に、これらのオンデマンド動画視聴サービスに加入していないと、宝のもちぐされになるということもできるかもしれません。

ネットのコンテンツをTVで観るためのデバイスなので、従来加入しているオンデマンドサービスとの兼ね合いを考えて購入することをオススメします。

関連記事

動画配信おすすめ比較TOPへ