購入前に必要なものをチェックしたいAppleTV | 動画配信サービスを徹底比較!

購入前に必要なものをチェックしたいAppleTV

AppleTVは、ボックス型のデバイスです。映画やスポーツなどといったあらゆる動画を、Wi-Fiを使用して自宅のTVで視聴することができます。それ以外にも、スマホで撮影した写真やムービーを大画面でチェックしたり、タブレットで検索した内容を、TVに映して読むこともできます。

さらにAppleIDがあれば、いつでも自由に映画や音楽をダウンロードして楽しむことができます。ただ、他のSTBよりもかなり高額なのが難点といえます。

AppleTVを楽しむために必要なスペックとアイテム

AppleTVを楽しむためには、他社のデバイスと同じようにHDMI端子に対応しているTVと、ケーブル、インターネットの環境があればOKです‥‥といいたいところですが、AppleTVを利用するためにはiTunes Storeでコンテンツを購入することができるAppleIDを取得しておく必要があります。

また、スマホやタブレット、パソコンがあれば、そこからもデータやコンテンツをTVと共有することができます。

AppleTVの価格は? 他社製品と比べたコスパは?

AppleTVは、32GBと64GBという2つのストレージを選択することができます。動画や音楽は容量を消費しないストリーミング配信なので、iTunesでアプリを大量にダウンロードするということがなければ、32GBでも充分です。価格は各世代によって異なりますが、2万〜3万円ほどです。5千円台で購入できる他メーカーの商品と比べると、かなり高額ですが、iTunesのアプリを使用できるなど独自の機能があるので、iPhoneユーザーにとっては惜しくない金額かもしれません。

AppleTVで自宅のTVができること、広がる可能性

AppleTVは、AppleIDを使用して、好きな映画タイトルをレンタルして視聴することができます。DVDは、市場へのリリースと同時に観ることができ、話題の新作を自宅にいながらにしてチェックできます。また、他のビデオオンデマンドサービスのストリーミング配信にもアクセスできるので、他社の見放題プランも、TVの大きな画面で堪能できます。別売りのコントローラーを使って、ゲームをすることもできます。ソフトをいちいち買いに行かず、自宅で完結できるのは便利ですね。

発売時期によってタイプが分かれるので購入時は注意

AppleTVは、これまで第1〜第4世代までマイナーチェンジを重ねたモデルを発売しています。ですが、古い第1世代が使えない、ということではないので、値段やスペックを見比べた上で自分が納得できるモデルを購入することをオススメします。世代の別は、あくまで細かい仕様変更であって、新しいものほどいいという訳ではないことを頭に入れておくのがいいかと思います。価格やスペックは、Appleの公式サイトから見ることができます。

スポーツイベントやニュースもこれで視聴OK

AppleTVは、iTunesや他社のオンデマンドサービスで映画をチェックするだけでなく、スポーツやニュースも楽しむことができます。「Qello CONCERTS」、「Red Bull TV」などでライヴ情報やスポーツのイベント情報をもらさずチェック。無料のポッドキャストも充実しています。Apple製品の操作に慣れていない人にとっては、使いづらく感じてしまうかもしれませんが、iPhoneやMacを使い慣れている人なら、届いたその日から存分にその機能を堪能することができそうです。

関連記事

動画配信おすすめ比較TOPへ